法律を改正することのメリット

ときどき法律の検索を

改正された法律を知るために

法律は世間に認知されないうちに改正されている場合があります。関係業界や団体、個人が知っていれば良いとは言えません。法改正を知らないために公的に受けられる助成金が受けられなかったり、違法でないと思っていたことが違法になっていることもあるのです。例えば雇用保険法の教育訓練給付期間やWEB上の著作権の問題などがあります。こういった法律の変化を調べるのには、WEBでの検索が便利です。いつ変更になったか日付が掲載されていますので、これまでの法解釈で正しいのか否かが分かります。規制や権利を正しく理解するためにも時々法検索をしたいものです。

国会での民法の修正作業

毎年、国会において様々な法律の内容に変更が加えられておりますが、それには様々なメリットがあります。例えば、法の内容を変更し、既存の判例法理を明文化することがありますが、これにより、判例という形で存在していた規範がより明確なルールとして存在することになります。現在行われている民法の修正作業でも、草案においていくつかの判例法理が明文化されました。また、法の内容を改めることで、国民の権利がより手厚く保護されることもあります。例えば、最近の行政不服審査法改正では、審査請求可能な期間が延長され、行政不服審査制度がより使いやすくなりました。このように、法律の内容を必要に応じて改めることは、国民にとって有益になるのです。

↑PAGE TOP